会社設立と個人事業主のそれぞれのメリットとは - 会社設立VS個人事業主 徹底比較

会社設立VS個人事業主 徹底比較 > それぞれのメリットとは

会社設立と個人事業主のそれぞれのメリットとは

会社設立と個人事業主のどちらがいいのかは、それぞれにどんなメリットがあるのかにもよりますよね。
それぞれのメリットについてご紹介します。

まず会社設立のメリットですが、もっとも大きなメリットは周囲から信用されやすい点です。
そのワケは、設立や運営に手間がかかるからです。
株式会社を作るときなど、設立のために最低でも20万円近くはお金もかかりますし、会社の基本情報を登記という形で登録しないといけません。
一度作った後は、毎年会社の決算を世間に向けて公表する義務もあります。

このように手間がかかり、作った後の状態も世間的に確認できる状態にしないといけませんから、本気でビジネスをやっている方でないと、手を出しにくいところがあります。
だからこそ、「株式会社」という形で会社設立をすると、それだけで周囲から信用されやすくなるんですね。
その結果、新規に取引を開始しやすくなったり、銀行から融資を受けやすくなったり、優秀な人材が集まりやすくなったりといったことがあります。
いずれも信用が高いというメリットがあるからこその利点なんですね。

コレに対して個人事業主のメリットは、手軽に始められる点です。
個人事業の開始にあたっては、税務署に開業届を出すくらいの手間しかかかりません。
登記などは必要ありませんし、事業を始めた後に決算を公表する義務などももちろんありません。
一度始めた後は、税金の申告が給与所得から事業所得に変わり、毎年自分で確定申告が必要なことにだけは注意しておきましょう。
それ以外で、義務となっている届け出などはほとんどありません。

始めるのも、事業の運営の手間も少ないですから、片手間でやっている副業としての事業や、軌道に乗るかどうかわかならい事業のお試し、主婦や学生の初めての起業などに向いています。
廃業するときも税務署に廃業届を提出すればまた元通りですので、ダメだったときにやめるのも簡単です。

それぞれにこのようなメリットがあります。
アナタがより重視するメリットが大きい方を選ぶといいですよ。