会社設立と個人事業主のそれぞれのデメリットとは - 会社設立VS個人事業主 徹底比較

会社設立VS個人事業主 徹底比較 > それぞれのデメリットとは

会社設立と個人事業主のそれぞれのデメリットとは

会社設立と個人事業主のどちらを選ぶか、それぞれにどんなデメリットがあるかも事前に確認しておきたいですよね。
それぞれのデメリットについてご紹介します。

会社設立の大きなデメリットは、設立に大きな手間がかかることです。
以前と違って資本金1円での起業も可能となっており、会社設立も簡単になったとは言われますが、具体的にどんな手続きが必要になるか、なかなかイメージがつきませんよね。
会社設立をしたいとき、会社用の印鑑を用意して法人用の口座や書類を作り、公証役場や法務局にそれぞれ届け出をすれば、会社を作れます。
このときの手続きがややこしいのが特に大きな難点です。

たとえば「定款」という書類が必要です。
これは会社の憲法とも言われるもので、その会社の規則を定めたもの。
これを自分で作らないといけません。
書式や内容がとても固く、これまでに作ったことがない類の文書になることも多いでしょう。
それを作る必要がありますから、勝手がわからなくて困る方は多いです。
実際に作成するときには書類作成サービスや、専門家への手続き代行を頼む方も多いです。
それらサービスを使うことでお金がかかりますし、全くの自力でやったとしても、会社設立自体にもいくらかのお金がかかります。

株式会社を作る場合、最低でも20万円近いお金は必要です。
定款を紙で作った場合は24万円近くかかりますね。
これは法定費用と呼ばれ、どうしても必要になるお金です。
会社設立後の事業資金とはまた別に、このようなお金がかかる点もデメリットですね。

個人事業主の場合、設立は簡単なのですが、設立後に信用を得にくいのがデメリットです。
会社設立と違って誰でも簡単に始められて、廃業も簡単ですから、それだけ信用されにくく、個人事業主というだけで取引を断られる場合も実際にあります。
会社に比べて銀行からの融資も得にくいですし、人材を募集しても応募が少ないことも多いですね。

それぞれの形態でこのようなデメリットがあります。
会社設立のメリットとデメリットを参考により致命的だと思うデメリットがある方は避けるといいですよ。