会社設立か個人事業主か、どちらかを選ぶ基準は? - 会社設立VS個人事業主 徹底比較

会社設立VS個人事業主 徹底比較 > 会社設立か個人事業主か選ぶ基準

会社設立か個人事業主か、どちらかを選ぶ基準は?

会社設立か、それとも個人事業主でいくか、どちらかにするかを選ぶとき、判断基準が欲しいですよね。
大きな判断基準になるのは、売上です。
売上がかなりの確率で上がり、その金額も大きいなら、最初から会社を作るのもオススメです。
そうでないなら、まずは個人事業がオススメですね。

そのワケは、会社設立にもお金がかかりますから、売上がほとんど上がらない事業のために会社を作っては、それだけ赤字になりやすいからです。
たとえば株式会社を作るため、法定費用として約20万円近くかかります。
これ以外にも、法人としての税金や社会保障に対応するため、税理士などのサポートが必要になることが多いんです。
このときに、さらにお金もかかりますよね。
会社を作るなら、ここまでやってようやく始まりです。
これでいざ事業をやって売上がほとんど上がらなかったら、かかった費用はそのまま赤字になりますね。

しかも法人を作ると、以降は法人税を払う必要があります。
この税金には赤字でも課税されるものが一部ありますから、売上がない状態で法人を作ると大変なんですね。
しかも法人関係の税金の計算は、個人に課されるものよりもずっと複雑で、これは税理士に代行してもらうことがほとんどです。
この代行依頼費用も実際にはかかることも多いですから、ある程度の売上がない状態で法人を作ると、その維持費で倒産しかねません。
このようなワケで、ある程度の売上の見込みがないなら、まずは個人事業主として始めるのが無難です。

個人で事業を始める場合、開業自体にお金はかかりません。
税金のために確定申告が必要になりますが、これは個人でも対応できることが多いです。
売上が少ないなら計算もさらに単純になりますので、無理に税理士に代行を依頼する必要もありません。
万が一、まったく売上が上がらなかったとしても、事業の開始や運営に元手がかかっていないだけに、赤字の拡大を避けやすいんです。

このように、会社設立するか、それとも個人事業主でいくか、迷ったときは売上を判断基準にするといいですよ。