ひとりでやるなら会社設立と個人事業主はどちらがいい? - 会社設立VS個人事業主 徹底比較

会社設立VS個人事業主 徹底比較 > ひとりでやるならどちらがいい?

ひとりでやるなら会社設立と個人事業主はどちらがいい?

IT関係など特にそうですが、ひとりでできるビジネスもありますよね。
そんなときに会社設立と個人事業主はどちらがいいのでしょうか?
この点ですが、その事業の今後の継続性や売り上げに応じて決めるといいです。

その事業がうまくいくか、まだ自信がないときは個人事業主がいいですね。
そのワケは、始めるのが簡単だからです。
個人事業主を始めるためには開業届の提出くらいしか手間がありません。
それに比べて会社を作るとなると多くの書類を作り、登記まで必要になります。
それだけの手間を、今後も長く続けられるかもわからない事業のためにやるのは、少し効率が悪いですよね。
ムリに会社を作らなくてもできる事業なら、まずは個人事業主で始めてみて、軌道に乗れば会社設立という流れがオススメです。
これならその事業の将来性に応じて、適切な方を選べます。

一度軌道に乗った事業の場合、個人事業主と会社設立なら、会社の方が向いている場面もあります。
会社を作った方が信用度も高くなり、いざというときの資金や人材の調達が簡単になります。
また、税金面でも会社の方が有利で、軌道に乗って売り上げが増えてきたら法人化した方が節税になることが多いですね。
個人事業主は開業や運営は簡単ですが、売上が増えるほどに税金も増え、効率が悪くなってきます。
事業が軌道に乗ってきたら、会社設立も本格的に検討するといいでしょう。

このように、ひとりでやっているからと、個人事業主が絶対オススメというわけではありません。
また、ひとりだから会社は作れないということもないんです。
自分一人でも会社は作れますし、従業員が社長一人という会社でも、だから特別不利になるといったことはなく、会社としてのメリットをしっかり得られます。

ちなみに、会社は事業を拡大していく上で有利ですが、会社を作ったからといって事業拡大が絶対に必要というわけではありません。
今後も事業拡大の予定はないなら無理に株式会社を選ばず、設立や運営が手軽にできる合同会社を選ぶという方法もあります。