税金で有利なのはどっち? - 会社設立VS個人事業主 徹底比較

会社設立VS個人事業主 徹底比較 > 税金で有利なのはどっち?

税金で有利なのはどっち?

事業を行うに当たって避けられないのが税金です。
これをできるだけ抑えるために有利なのは、会社設立と個人事業主とでどちらでしょうか?
税金を抑えやすいのは、個人事業主よりも会社の方です。
特に売り上げが増えてくると、法人化した方がずっと有利です。

個人事業主になると課税金額は「事業の売上-経費」で計算されます。
これが事業所得となり、ここから社会保険料などその他の控除金額を引いて課税金額を出します。
給与所得者と大きく違うのは、「給与所得控除」がないこと。
事業所得ではなく、給与所得の方は、ただそれだけで給与所得控除を受けられ、最低区分でも60万円近い控除を受けられます。
これがあるため、節税になるのは給与所得者なんですね。

そして大事なのは、会社を作ると自分個人の収入は「給与所得」となること。
従業員が自分一人で、自分自身が社長となる会社を作り、それ以外は個人事業主とほぼ変わらない状態だったとしても、会社を作ると自分の収入は「会社からの給料」という形にできます。
個人事業主だと得られない控除を受けられるため、会社を設立すると大きな節税になります。

その代わり、法人化すると法人税がかかります。
個人の所得税を抑えても、結局こちらの法人税でとられるのではと不安もあるでしょう。
売上が低いと確かにそのような面もあるのですが、売上が大きくなると法人税の方が節税になることが多いです。
法人税は売り上げに関わらず税率が一定ですので、会社の売上が大きくなるほど税負担は軽く感じられるでしょう。
これを個人事業主のままでやっていると、個人の所得税としての計算になりますが、ここでの所得税は金額が大きくなるほど税率も大きくなりますので「売上が増えると、それに合わせて税金も増える」ということが起こりがちです。

他にも法人化すると経費として認められる項目が増えるため、節税をしやすくなります。
あくまで税金にだけ注目すると、会社を作った方が有利になることは多いですね。