資金調達ではどちらが有利? - 会社設立VS個人事業主 徹底比較

会社設立VS個人事業主 徹底比較 > 資金調達ではどちらが有利?

資金調達ではどちらが有利?

何らかの事業を行うためには運転資金が必要ですよね。
この資金を調達するために有利なのは、会社設立と個人事業主とでどちらでしょうか?
資金調達のことを考えると、有利なのは会社を作る方です。

会社を作るとまず銀行から融資を受けやすくなります。
個人事業主だと審査に通らないわけではないのですが、社会的な信用度がより高いのは法人なんですね。
法人しか受けられない優良な融資もありますが、会社を作るとこのような融資も使いやすくなります。
審査はありますが高額な借入希望も比較的通りやすいですね。
金利の低い優良融資を受けられれば、それだけ借入での資金調達もしやすくなり、いざというときのつなぎの資金や、大胆な投資もしやすくなります。

さらに株式会社だと、株式を発行するという形で、新規に出資者を募れます。
その会社から利益が出れば、出資者には利益の配当もありますよね。
ちゃんとメリットもありますから、出資という形でも資金を調達しやすくなります。

コレに比べて、資金調達ではやや不利となるのが個人事業主です。
個人事業主は株式会社と違って決算の公表義務もなく、世間的にはその事業の健全性を調べようがありません。
ですから、融資の審査もかなり慎重に行われやすく、審査にも落ちやすくなります。
場合によると事業計画や帳簿などの確認を求められ、これらで健全性をきちんと確認できれば融資も受けられるものの、そうでないと審査にはやはり通りにくいですね。

では出資者を探すのはどうかというと、こちらも難しいところがあります。
株式会社と違って正式に株式を発行できず、利益が出たときの配当も株式会社ほどには信用されにくいからです。
個人的に出資者を募っても、なかなか見つからないことが多いでしょう。

このように事業を行う中で資金調達の必要性が日常的にあるなら、会社を作った方が有利です。
個人事業主で行くなら、基本的には事業所得の中でやりくりする形となりやすいので注意してください。