コスト面ではどちらが有利? - 会社設立VS個人事業主 徹底比較

会社設立VS個人事業主 徹底比較 > コスト面ではどちらが有利?

コスト面ではどちらが有利?

会社設立と個人事業主にはそれぞれメリット・デメリットがあるわけですが、そもそもこれらをコスト面で比べると、どちらが優れているのでしょうか?
これについてですが、どちらを選んでもコストはかかりますので、その事業規模に応じて向き・不向きがあります。

単純にコストがかかりやすいのは、やはり会社設立です。
もし株式会社を作るなら、法定費用だけでも最低20万円近くかかります。
個人で払えないほどの重い負担ではありませんが、個人事業主でよければ開業届を提出するくらいで、コストらしいコストはほとんどかかりません。
ココを比べると、やはり会社の方がコストがかかりやすいと感じられるでしょう。
しかも会社設立にかかるコストはこれだけではありません。

会社を設立後、1つの法人として社会保険や税金の仕組みを整えるため、税務署や社会保険事務所に届け出が必要です。
この届け出が非常にややこしく、税理士などの専門家に手続きのサポートや代行が必要になることも多いです。
このような場面でまたお金がかかりますので、会社設立には何かとコストがかかりがちです。

だったら個人事業主の方がいいと思うかもしれませんが、こちらだと売上が多くなり、本人の事業所得が大きくなるほど、税金が重くなるんです。
こうなってくると、法人化にかかるコストを含めても、個人事業主よりも会社を作った方がいい場面も出てきます。

このようにコストで比べると、どちらにも一長一短があり、絶対にどちらの方が有利とは言えません。
ただし、税金を除いてコストがかかりにくいのは個人事業主です。
個人事業主で少し気を付けたいのは確定申告ですが、これは個人でも対応できることが多く、税理士への代行費用が絶対にかかるわけではありません。
これ以外に特にかかる費用はありませんから、売上がまだ少ない段階では会社を作るよりも個人事業主の方が有利です。
零細事業の段階では個人事業とし、売上が多くなったら会社を作るという流れもオススメですね。